(H) Brake hold explained (in Japanese:)

(H)機能は「オートパーキング」、Ludicrous 型「ロケット発射モード」の新機能開発時にアダプトされた新機能です。 v7からの紹介とされていますが、現在のバージョンも詳細を微調節しています。

1)(H)機能は平、坂道でも作動可能
2)坂道に並列駐車したと時などオートパーキングを紹介する際追加された機能。つまり、坂道でブレーキを踏みながら車が流れないようにバックアップしたい時、従来はサイドブレーキ、またはブレーキを踏みながらアクセルを踏んでバックしていましが、(H)機能はブレーキをロックすることでブレーキパネルから足を離しても車が動くことなくアクセルパネルに移動でき、パックすることができる利点があります。

(H)のアクティベーションはブレーキを「踏んでから」1秒」作動。強く踏み込む必要はありませんのでご注意。。w
(H)の解除の仕方は2通りあり。

1)(H)のマークがダッシュパネル(CC)に表示されている状態で、ブレーキをもう一度踏むと解除。
2)(H)のマークがダッシュパネル(CC)に表示されている状態で、シンプルにアクセルを踏むと解除。

現在のバージョンも詳細を微調節しています。一例として坂道で(H)作動中アクセルを踏みバックアップしたい時、坂道の傾度により車重量の関係で「ブレーキのリリースタイミングと強度」がまだ未熟です。。汗  マニュアルに操作する場合は「ゆっくりブレーキを解除」するなど環境に応じてブレーキとアクセルを微調節していますが、コンピューター制御ではこのような人間的感覚がまだないので傾度が大きい坂道でアクセルを触った瞬間に突然ブレーキが解除され車が流れ出してしまうことがあります。こう言った状況でも安心して(H)が使えるように現在実験中です。笑

See ya,
D

teslaculture.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中